Sort by : 消費税

外国法人が消費税申告を行う場合の留意点

2019.11.25
Category:消費税
Author:N.Suga

外国法人に対する消費税の納税義務の判定方法を以前ご紹介いたしましたが、今回は実際に納税義務があると判定された際の消費税の申告単位についてご紹介いたします。日本支店の有無や海外本店が日本で直接取引を行っているかなどの差により、若干留意点が発生します。

非居住者が役務提供者である場合の消費税

2019.09.2
Category:消費税
Author:N.Suga

日本国内の事業者が非居住者に対して役務提供を行った場合の消費税の取り扱いを以前ご紹介いたしました。 今回はその逆に、非居住者が日本国内の事業者に対して役務提供を行い、対価を受領する場合に検討すべき消費税の考え方をご紹介いたします。若干注意をすべき点があります。

外国法人に対する消費税の納税義務

2019.04.8
Category:消費税
Author:N.Suga

外国法人であっても日本において資産の譲渡等を行い納税義務があると判定された場合は日本で消費税の申告を行う必要があります。この取り扱いは外国法人が日本支店等を有していない場合であっても適用される可能性があります。 今回は外国法人に対する消費税の納税義務の判定について、基本的な取り扱いをご紹介いたします。

資産の輸出に関する消費税の免税規定

2018.12.10
Category:消費税
Author:N.Suga

日本国内にある商品等の資産を輸出した場合、その輸出取引については日本の消費税が課されない(正確には0%課税)とされていますが、その適用に当たっては手続要件等が設けられています。 今回は輸出取引に対して適用される消費税の免税措置の概要をご紹介いたします。

リバースチャージによる消費税の申告納付

2018.09.10
Category:消費税
Author:N.Suga

消費税は通常、売上(収入)を得る事業者が、売上に係る消費税を申告納付するのが原則です。 しかし国外の事業者により主にインターネットを経由して行われる一定の役務提供取引については、リバースチャージという方式が適用され、仕入(費用)を行う事業者に、本来売上を得る事業者が納付すべき消費税の申告納付義務が転嫁されることがあります。